けんしんについて

地域社会への貢献

地域に貢献する信用組合の経営姿勢

当組合は、富山県内を営業地区とし、富山市・魚津市・高岡市・射水市・砺波市・南砺市に店舗を配置し、地域の皆さまが組合員となって、お互いに助け合い、発展していくという相互扶助の理念に基づき運営されている協同組合組織金融機関です。
お客さま一人ひとりの顔が見えるキメ細かな取引を基本としており、常にお客様の事業の発展や生活の質の向上に貢献するため、お客さまの利益を第一に考えることを活動の基本としております。
また、地域社会の一員として、当組合の経営資源を活用し、地域社会の生活の質や文化の向上に積極的に取り組んでおります。

預金を通じた地域貢献

当組合は、地元の皆さまからお預りした大切なご資金は、厳正かつ公正な審査に基づき、地域の皆さまへ積極的にご融資し、お客さまおよび地域社会の健全な発展のお手伝いをするとともに、地域社会の一員として地域の皆さまとの強い絆とネットワークを形成し、金融機能の提供に止まらず、地域文化発展といった面も視野に入れ、広く地域社会の活性化に積極的に取り組んでおります。

融資を通じた地域貢献

(1)貸出金の利用状況

平成30年3月末の貸出金の利用状況は、個人向け融資131億円、事業性融資305億円、地方公共団体82億円のご利用をいただいております。

(2)貸出金使途の利用状況

平成30年3月末の貸出金の使途別利用状況は、設備資金209億円、運転資金309億円のご利用をいただいております。

(3)富山県信用保証協会の利用状況

富山県信用保証協会の取扱状況は、平成29年度新規実行として175件、990百万円のご利用をいただき、残高は33億円となっております。

(4)住宅ローン・消費者ローンの利用状況

平成30年3月末は、住宅ローン80億円、消費者ローン17億円のご利用をいただいております。
 富山県は全国でも持ち家率が高いことから、住宅ローンの低金利商品を推進しており、平成29年度は、59件876百万円のご利用をいただき、残高は80億円となっています。

(5)奨学ローンの利用状況

富山県は、全国でも大学進学率が高いことから、奨学ローンは低金利商品を推進しており、平成29年度新規実行として、16件35百万円のご利用をいただいております。

お取引先への支援状況等

当組合は、地域経済の活性化に向けて、お客さまの支援強化を図るため、平成29年4月1日に地域支援部を新設し、創業・新規事業、経営改善、補助金・助成金活用、販路拡大・ビジネスマッチング、観光客誘致、事業承継支援などに取り組んできました。
また、外部リソースの活用に向け、第一勧業信用組合(東京)との連携協定締結(4月)、富山労働局との連携協定(8月)、富山県中小企業家同友会との連携協定・リンカーズ株式会社との業務提携に関する協定(9月)、株式会社北陸カードとの連携協力(2月)などを進めてまいりました。

(1)創業・新事業支援への取組み

当組合では、営業店の「創業・新事業・経営相談窓口」により、28事業先の創業・新事業支援を行っております。

(2)取引先に対する経営相談・支援の取組み

当組合では、事業先に対し、経営改善に向けた相談・指導を行っております。29年度は、個人事業者も含めて期初34先の支援に努めております。

(3)ものづくり補助金申請のサポート

当組合では、事業先が生産性向上を図るために革新的なサービス開発や試作品開発、生産プロセスの改善を行うための設備投資を促進するために、関連する補助金申請のサポートに努めております。

地域サービスの充実

(1)顧客の組織化とその活動状況

各店では、「けんしん会」を結成して、旅行、講演会、レクリェーション等の活動により、交流を深めております。

(2)年金友の会等の活動

各店では、年金友の会の運営を積極的に行うほか、「お客さま感謝デー、納涼祭、観月会等」を行うとともに、各店地域行事等に積極的に参加しております。

(3)けんしん立山倶楽部

当組合では、平成27年12月1日に顧客(組合員)サービス向上と地域再生・活性化に向けた地域密着型金融の取組強化の施策として、「けんしん立山倶楽部」を設立しました。
当組合とお取引のあるお客さまが、お申し出により倶楽部会員となり、ファミリー店での利用に際し、さまざまな優待サービスを受けることができます。
平成30年3月末現在で、倶楽部会員数は4,008名、ファミリー店198店舗となっております。

文化的・社会的貢献に関する活動

(1)献血運動の実施

社会貢献活動の一環として全店で25名の役職員が献血を行っております。

(2)社会福祉団体への寄付

「しんくみピーターパンカード」利用手数料の一部を社会福祉団体に寄付しております。